最低価格保証ーどこよりも低価格を実現!
全国送料無料で配送中!
 
 

うちの猫にノミやマダニがいるんだけど!?

 2023年1月17日 著者 ジェームズ |
まだ口コミはありません
うちの猫にノミやマダニがいるんだけど⁉

今までノミの被害にあったことのない飼い主さんは、自分の飼い猫がノミに寄生されていると知るとショックを受けるかもしれません。

猫が家周りで活動していても、ノミやマダニが家の中に入り込み、猫に寄生することがあります。ほんの数匹のノミの侵入だけで、あっという間に、ペット、家や庭が恐ろしいノミの被害にあってしまいます。

他の動物たちによる持ち込み

残念ながら、庭に野生動物が入らないようにすることは不可能です。リスやアライグマ、その他の小さなネズミは、高いフェンス(有刺鉄線フェンスでも!)をつけても庭に侵入する方法を見つけ、ノミやダニを持ち込んできます。

庭に入ってくる野生動物が多ければ多いほど、ノミの侵入の可能性が高まります。さらに、野良猫の訪問が高ければ高いほどノミ・マダニを巻き散らかしていく可能性も否めません。野生動物や野良猫をおびき寄せないよう、食べ物を庭に置いておかないようにしましょう。

特に猫は窓辺に止まって周囲を観察するのが好きですが、網戸の窓を開けたままにしておくと、ノミやダニが家の中に入ってくる可能性もあります。

人による持ち込み

さらに、あなたや家を訪れる友人たちが、知らず知らずのうちにノミやダニを持ち込む可能性もあるのです。訪問者が気づかないうちに、自分の家やペットから持ち込んでいることもあります。

ノミやマダニが多い場所でハイキングを楽しむと、ズボンや靴下、靴などに付着して移動することがあります。次の獲物となる宿主を見つけるために、移動手段として仮の宿主へくっつく寄生虫たちは、状況によりうまく順応することが出来ます。

家の外

動物病院へ行く時、ペットホテルへ泊まる時、グルーミングに行く時、車に乗る時など、ペットが表に出るたびに、ノミやマダニが付着してくる可能性があります。

飼い猫が、芝生の上でごろごろしているのを見かけたら、それがほんの数分であったとしても、マダニが付着していないか確認することをおすすめします。マダニもノミも、身を隠すことが非常に上手なので、被毛の奥深くをちゃんと見ましょう。脚の付け根、お腹、首の周りなどにも注意してください。

積極的に予防する
 

ノミやダニは非常に強者なので、春から秋にかけての暖かな季節は、特に注意が必要です。もし、猫に1匹でも2匹でもついていたら、すぐに対処して感染を防ぎましょう。

愛猫が極端に幼い場合や高齢の場合、あるいは基礎疾患を抱えている場合には、獣医師に相談して最適な予防薬と最も安全な投与方法を指導してもらいましょう。 獣医師は、ペットに合った薬の正しい使用方法を説明し、猫の年齢や体重に応じた理想的な投与量を提示してくれるでしょう。問題を早く発見できれば、化学的な治療ではなく、自然な治療から始めることができるかもしれません。

ノミを寄せ付けない効果があるとされる植物もあるので、害虫対策用の庭作りを試してみる価値もあります。しかし、庭や周辺を処理する場合、特にすでにノミやマダニが蔓延している場合は、化学殺虫剤や虫よけ剤を使用する方が簡単で効率的であることが多いのも理解しておきましょう。

すでにノミやダニの問題がある場合、今年は実績のある薬剤を使用することで、ノミ取り用の庭造りに頼ることなく、残りの季節をリラックスして楽しむことができます。寄生虫が家やペットに定着してから駆除するよりも、早い段階から予防する方がはるかに簡単です。

コメント0

コメントを残したい方

*あなたの名前を入力してください。
メールアドレスは公開されません
有効なメールアドレスを入力してください。
*あなたのコメントを入力してください。
Image Verification
'セキュリティコードを入力してください。
 
 
 
14005 件のお客様の声 4.97