最低価格保証ーどこよりも低価格を実現!
全国送料無料で配送中!
 
 
ブランド
14005 件のお客様の声 4.97
 
 

猫用ブラべクトプラスとは

ブラべクトプラスとは、猫用動物医薬品で、猫の身体に寄生するノミ、 マダニ、 フィラリア を駆除・予防する薬です。この薬の主要成分はフルララネルモキシデクチンで構成されており、フルララネルはノミが卵を産む前に退治し、モキシデクチンは動物の体に存在する寄生虫を退治します。寄生虫には、回虫、鉤虫、フィラリアなどが含まれます。

ブラべクトプラスの効果・効能

ブラベクトプラス猫用は、具体的には以下のような場合に使用します:

  • マダニやノミの発生に対し効果を発揮(ノミアレルギー性皮膚炎の治療戦略の一環にもなる)
  • 耳ダニ
  • フィラリア症
  • 消化管や胃に発生した回虫や鉤虫への治療

ブラべクトプラスの使い方

この薬は、スポットオンタイプで、小さなチューブにはいっています。体重により薬の量が変わるため、体重に見合ったお薬をお選びください。 投与が簡単で、猫の頭蓋骨の付け根の部分の皮膚に塗布します。 

ブラベクトプラスは、48時間以内にノミやマダニを攻撃し、塗布後12週間までこれらのネコの寄生虫に対する効果が持続します。重症の場合は、8週間ごとに再投与することができます。 

耳ダニ症の治療を行ってから28週間後、動物病院を受診する必要があります。追加治療の必要性があるかどうか、獣医師が判断することになります。なお、この薬は処方箋がないと手に入りません。

ブラべクトプラスは我が家の猫に合うか

もちろんです。外に出れる、又は動き回れるなど、一定の年齢に達していれば投与できます。2ヶ月に1回の使用に適しており、6回の投与で年間を通してノミ、 麻痺ダニ、フィラリアから猫を守ります。 また、ブラベクトプラスの投与は、耳ダニと鉤虫の治療にもなります。

ブラベクトプラスは、体重1.2kg以上の生後9週目以上の子猫にも安心してお使いいただけます。 

ただし、妊娠中や授乳中の動物に対する安全性は確立されていないため、妊娠中の猫への使用は推奨されていません。 

投与スケジュール

ブラベクトプラスは、通常2カ月に1回、フルララネル18.2mg/dl(40mg/kg)、モキシデクチン0.9mg/dl(2mg/kg)を最低用量として局所投与します。

投与量は、猫の体重に大きく依存します。 投与頻度は、どの寄生虫に対しての予防・駆除によります。フィラリアに対しては、ブラベクトプラスは2ヶ月に1回の投与が必要です。ノミに対しては、3ヶ月に1回の投与で予防できます。

体重 用量 (ml) フルララネル (mg) モキシデクチン含有量(mg)
1.2kg-2.8kg 0.4 112.5 5.6
2.8kg-6.25kg 0.89 250 12.5
6.25kg-12.5kg 1.79 500 25

見合った体重のお薬をお選びになり、チューブ1本を投与してください。体重が12.5㎏を超える猫に関しては、表を参考にし、2本のチューブを組み合わせて投与してください。

ブラべクトプラスの副作用

ブラべクトプラスの主な副作用は、薬を散布した場所の脱毛、引っ掻き傷、皮膚が少し荒れるなどですが、一時的だとされています。

投与時の注意事項

投薬上においての注意事項
注意事項以下参照:

  • 薬への直接接触を避ける。アレルギー反応などを避けるために、使い捨て手袋などを使用する。フルララネルとモキシデクチンに対し過敏に反応する人は薬の使用を避けましょう。
  • 皮膚に付着した場合は、直ちに石鹸と水で洗い流してください。
  • 薬を塗布した部分が乾き、目立たなくなるまで、ペットへの接触を控えましょう。猫を抱きかかえたり、一緒に寝るなどの行動を控えましょう。最高で48時間かかります。
  • この薬が目に入った場合、直ちに水で洗い流してください。
  • お子様の手の届かないところへ保管しましょう。
  • 万一、誤って薬を飲み込んだ場合は、直ちに添付文書をお持ちの上、医師の診断を受けてください。
  • ブラベクトプラスは熱、直火、引火性の高いものから遠ざけてく保管してください。
  • 万が一薬剤をこぼしてしまった場合、ティッシュなどでふき取り、洗剤でその場を洗いましょう。

ブラベクトプラスの効果について

ブラベクトプラスは、マダニとノミに素晴らしい効果を発揮します。塗布後48時間で効果を発揮し、最高3ヶ月間あなたの猫を守ります。年に6回の投与にて、ノミ、マダニ、その他の猫の寄生虫から保護され、自由に遊び回ることができます。 


ブラベクトプラス 猫用

並べ替え