最低価格保証ーどこよりも低価格を実現!
50ドル以上のご注文で送料無料
 
 
 

最高のサービスを驚きの価格で

大切なペットをダニやノミ、フィラリア、腸内寄生虫からしっかり守ってあげましょう。
14971 件のお客様の声 4.97
 
100% Satisfaction Guaranteed

あなたの大切なペットの健康を守るお手伝いをさせてください。
PetBucketは効果が高く人気のある寄生虫治療薬のブランド製品を多数取り扱っています。

100%正規品を最大75% offでご購入いただけます。

お探しの商品を簡単に見つけることができ、お手頃価格でご提供しています。定期的な自宅でのケアは、長期的に医療費の節約に繋がります。そして何よりも、世界中で使われている犬や猫用の腸内寄生虫、ノミ、ダニ治療薬が手に入るため、大切なペットに最適なケアを与えることができます。PetBucketはアドバンテージ、ブラベクト、フロントラインプラス、ネクスガード、ネクスガードスペクトラ、レボリューション、センチネルスペクトラム、セレスト、その他多くのブランドを扱っております。 

 
注目の商品

最近のブログ記事

すべて見る

How to Stop Your Dog from Excessive Barking

by james on 08 Jul 2024
Excessive barking can be a significant concern for dog owners, leading to frustration and strained relationships with neighbors. While barking is a natural form of communication for dogs, it becomes problematic when it occurs too frequently or at inappropriate times. Understanding the root causes and implementing effective strategies can help manage and reduce excessive barking. This professional guide provides practical solutions to address this common behavioral issue. 1. Identify the Cause of Barking: Understanding Triggers The first step in addressing excessive barking is identifying the underlying cause. Dogs bark for various reasons, including boredom, anxiety, territorial behavior, attention-seeking, and responding to environmental stimuli. Observing your dog's behavior and the context in which the barking occurs can provide valuable insights. For instance, if your dog barks when left alone, it may be experiencing separation anxiety. If the barking happens when someone approaches your home, it could be a territorial response. Understanding the triggers is crucial for developing an effective intervention plan. 2. Training and Behavioral Modification: Consistent Techniques Once you identify the cause, implementing consistent training and behavioral modification techniques is essential. Positive reinforcement training is a highly effective approach. Reward your dog for quiet behavior with treats, praise, or playtime. For example, when your dog stops barking on command, immediately provide a reward. Consistency is key; ensure that everyone in the household follows the same training protocol. Teaching commands such as "quiet" or "enough" can help your dog understand when it is time to stop barking. Avoid yelling or punishing your dog, as this can increase anxiety and exacerbate the problem. 3. Environmental Management: Reducing Stimuli Managing your dog's environment can also help reduce excessive barking. If your dog barks at passersby or other animals outside, consider blocking their view by closing curtains or using opaque window films. Providing a designated quiet area in your home where your dog feels safe and secure can also help. This space can include comfortable bedding, toys, and calming music. Additionally, increasing physical exercise and mental stimulation through walks, playtime, and interactive toys can reduce boredom-induced barking. 4. Seek Professional Help: When to Consult Experts If your dog's excessive barking persists despite your efforts, it may be time to seek professional help. A certified dog trainer or a veterinary behaviorist can provide personalized guidance and advanced training techniques tailored to your dog's specific needs. These professionals can also help rule out any underlying medical conditions contributing to the behavior. In some cases, anxiety medications or other treatments may be recommended to address severe anxiety or other issues. Excessive barking can be challenging to manage, but with patience, consistency, and the right approach, it is possible to reduce and control this behavior. By understanding the root causes, implementing positive reinforcement training, managing the environment, and seeking professional help when needed, you can help your dog become a more peaceful and well-behaved companion. Addressing excessive barking not only improves your quality of life but also strengthens the bond between you and your dog, ensuring a harmonious and happy home.

田舎で犬の健康を守るための総合ガイド

by james on 01 Jul 2024
田舎暮らしは、広大なオープンスペース、新鮮な空気、よりリラックスしたライフスタイルなど、飼い主とその毛皮の仲間に多くの利点をもたらします。しかし、田舎暮らしには独特の責任と課題も伴います。愛犬が田舎で元気に暮らすためには、愛犬の安全、健康、全体的な幸福を考慮することが不可欠です。田舎の環境で愛犬の権利とニーズを満たす方法についての包括的なガイドを以下に示します。 1. 安全な境界線: 愛犬の安全を守る 田舎で愛犬の安全を確保するための最初のステップの 1 つは、安全な境界線を確立することです。オープンスペースは魅力的かもしれませんが、田舎道の交通量、野生動物との遭遇、迷子になる可能性などのリスクも伴います。敷地の周りに安全なフェンスを設置すると、犬が迷子になるのを防ぐことができます。フェンスが実現できない場合は、安全を確保しながら自由を与えるために、長いリードやワイヤレスの囲い込みシステムの使用を検討してください。犬が逃げ出す可能性のある弱い部分や損傷がないか、境界線を定期的にチェックしてください。 2. ダニとノミの予防:寄生虫から身を守る 田舎はさまざまな寄生虫、特にダニとノミの天国であり、犬の健康に重大なリスクをもたらす可能性があります。 定期的に犬にダニがいないかチェックしてください。特に森林や草地を散歩した後はそうです。 獣医が推奨するダニとノミの予防薬を一貫して使用して、これらの害虫から犬を守ってください。 さらに、犬の寝具を清潔に保ち、庭のダニとノミを減らすための処理を検討してください。 早期発見と予防は、犬の健康と快適さを保つための鍵です。 3. 野生生物の認識:危険な遭遇を避ける 田舎では野生生物に遭遇することはよくあります。多くの動物は脅威ではありませんが、犬にとって危険なものもあります。 地元の野生生物とそれらがもたらす潜在的なリスクについて学んでください。 屋外での活動中は犬を監視し、ヘビ、コヨーテ、イノシシなどの潜在的に危険な動物との遭遇を防ぎましょう。野生生物が生息していることで知られている地域でハイキングや散歩をする場合は、犬をリードにつなぎ、油断しないでください。呼び戻しのコマンドに確実に反応するように犬を訓練しておくと、予期しない遭遇に対処するのにも役立ちます。 4. 定期的な獣医のケア:健康と幸福の維持 田舎暮らしは静かですが、定期的な獣医のケアは依然として重要です。獣医師による定期検診のスケジュールを立てて、犬の健康を監視し、懸念事項に早期に対処してください。フィラリアや腸内寄生虫などの寄生虫に対する予防接種と予防治療は、感染リスクが高い田舎では不可欠です。さらに、バランスの取れた食事と定期的な運動習慣を維持して、犬の全体的な健康をサポートしてください。犬の健康に積極的に取り組むことで、田舎暮らしに関連する多くの一般的な問題を防ぐことができます。犬の安全と幸福を確保するために必要な手順を踏めば、田舎で犬と一緒に暮らすことはやりがいのある経験になる可能性があります。所有地を守り、寄生虫を防ぎ、野生動物に注意し、定期的に獣医の診察を受けることで、愛犬にとって安全で育つ環境を作ることができます。これらの対策を講じることで、あなたとあなたの犬は健康で幸せに暮らしながら、田舎暮らしの多くの利点を享受することができます。

外に出る飼い猫を寄生虫から守る4つの秘訣

by james on 17 Jun 2024
屋外での冒険は猫にとって充実したものになりますが、特定のリスク、特に寄生虫の脅威が伴います。ノミ、ダニ、回虫、その他の害虫は、猫の友人に重大な健康リスクをもたらす可能性があります。幸いなことに、屋外の猫をこれらの望ましくない訪問者から保護する効果的な戦略があります。この記事では、屋外の猫が安全で健康でいられるようにするための 4 つの重要なヒントを紹介します。 1. 定期的な寄生虫予防治療: 屋外の猫の寄生虫予防の基本は、予防治療を定期的に行うことです。これらの治療には、局所溶液、経口薬、首輪など、さまざまな形式があります。獣医師に相談して、猫のライフスタイルと地域特有のリスクに基づいて、猫に最も適したオプションを判断してください。ノミ、ダニ、フィラリアなどの広範囲の寄生虫から保護するには、通常、毎月の治療が推奨されます。これらの予防策を一貫して適用すると、寄生やそれに伴う健康問題のリスクを大幅に軽減できます。 2. 定期的な獣医の診察: 定期的な獣医の診察は、寄生虫感染症の早期発見と治療に不可欠です。診察では、ノミやダニなどの外部寄生虫のチェック、回虫、鉤虫、条虫などの内部寄生虫を特定するための糞便検査など、徹底的な検査が行われます。早期発見は、効果的な治療と猫の健康への影響を最小限に抑える鍵です。少なくとも年に 2 回は獣医の診察を受けるようにし、獣医から勧められた場合はもっと頻繁に診察を受けるようにしてください。 3. 清潔な環境の維持: 猫の屋外環境を清潔に保つと、寄生虫感染のリスクを減らすことができます。定期的に芝を刈り、低木を刈り込んで、ダニの生息地を最小限に抑えます。フィラリア症を媒介する蚊が繁殖する可能性のある溜まり水はすべて取り除きます。さらに、猫の寝床と屋外シェルターが清潔で害虫がいないことをご確認ください。これらのアイテムを定期的にお湯で洗い、ノミ予防スプレーを使用すると、寄生のリスクをさらに減らすことができます。寄生虫にとって住みにくい環境を作ることは、猫を守る上で大きな違いを生みます。 4. 猫の観察とグルーミング: 屋外で飼っている猫を頻繁に観察し、グルーミングすることは、寄生虫予防に不可欠な習慣です。特に屋外に出た後は、猫にノミ、ダニ、その他の寄生虫の兆候がないか定期的にチェックしてください。猫の毛をブラッシングすると、抜け毛や汚れを取り除くのに役立つだけでなく、外部寄生虫を早期に発見することができます。耳、首、下腹部など、寄生虫がよく見つかる部分には細心の注意を払ってください。ダニを速やかに取り除き、ノミの寄生をすぐに治療することで、より深刻な健康問題を防ぐことができます。屋外で飼っている猫を寄生虫から守るには、積極的かつ多面的なアプローチが必要です。定期的な予防治療を実施し、定期的な獣医の診察をスケジュールし、清潔な環境を維持し、猫の観察とグルーミングを行うことで、寄生虫感染のリスクを大幅に減らすことができます。これらの努力により、猫が健康を維持し、安全に屋外での冒険を楽しむことができます。猫の特定のニーズと状況に合わせたベストプラクティスについては、常に獣医師に相談してください。