最低価格保証ーどこよりも低価格を実現!
全国送料無料で配送中!
 
ブランド
 

シンパリカとは

シンパリカは即効性の高いノミ・マダニ駆除薬です。月に1回投与するチュアブルタイプの薬で35日間にわたって効果を発揮します。ネクスガードの代用としてお使いいただけます。

投与後3時間以内にノミを駆除し始め、ノミアレルギーの犬であってもすぐに症状を和らげます。 シンパリカは産卵前にノミを殺すことで家の中のノミの蔓延も阻止します。

ノミの症状を和らげるだけでなく以下のマダニに対しても効果を発揮します。

  • クリイロコイタマダニ
  • 鹿ダニ・クロアシマダニ
  • アメリカンドッグティック
  • ローンスターティック
  • メキシコ湾岸ダニ

マダニは犬だけでなく人間にとっても深刻な病気をもたらすことがあります。、それはつまりマダニを駆除し蔓延を防ぐことでマダニの引き起こすそれらの病気を予防することができるということです。

効果・効能

  • 即効性 – 投与後3時間で効果が現れます
  • 室内のノミ蔓延を防ぎます
  • レバーフレーバーのチュウで投与が簡単です
  • 35日効果が持続し、月1回の投与を忘れても安心です
  • スポットオンタイプの薬のような投与のストレスがありません

使用対象

生後6ヶ月以上で体重1.2kg以上の犬に使用できます。

投与スケジュール

月に1回、ペットの体重に合わせて指示された量を投与してください。

体重 サロラネル/チュウ(mg) 投与量
1.3kg-2.5kg 5 1
2.5kg-5kg 10 1
5kg-10kg 20 1
10kg-20kg 40 1
20kg-40kg 80 1
40kg-60kg 120 1
60kg以上   チュアブルを適切に組み合わせて投与

直接経口投与することも、細かく砕いて食事に混ぜることも可能です。他の薬と一緒に与えても構いません。投与した全量を犬がしっかり食べたかを確認してください。また投与後しばらくは薬が吐き出されていないかなどに注意してください。投与を忘れた場合は、すぐにシンパリカを与えそこから月1回の投与を再開してください。

1年の間のいつからでも投与を開始することができます。

Simparicaの副作用は何ですか?

最も多く報告されている副作用は嘔吐、下痢です。またまれに無気力が見られることもあります。

使用上の注意

  • 子供や動物の手の届かない場所に保管してください。
  • 人間用ではありません。
  • 猫には使用しないでください。
  • 生後6ヶ月未満の犬には使用しないでください。
  • 妊娠中や授乳中の犬への使用の安全性は確認されていません。
  • まれに震え、精神不安定、発作などの異常症状が引き起こされることがあります。
  • 併用禁忌薬はありません。

シンパリカ(サロラネル)の有効性

シンパリカは最初の投与後3時間でノミを殺し始め、35日間にわたってノミの寄生後8時間以内にその96.2%を駆除したという実験結果があります。別のラボ実験ではシンパリカが投与後24時間以内にノミの成虫に対し100%の効果を示し35日にわたってその効果が持続したという結果も発表されています。ノミの産卵と生育能力についての実験では、シンパリカは35日間にわたってノミを産卵前に駆除しました。ノミの蔓延した室内環境に関する実験では、犬へのシンパリカ投与前と投与後7日、37日、67日に人為的にノミを蔓延させたところ、3ヶ月にわたってシンパリカの月1回の投与を行なった環境では投与後14日で室内の95.6%のノミを、60日で100%を駆除しました。マダニについては、シンパリカ投与後48時間で99%有効性を、また30日にわたってマダニの寄生後48時間以内にその96%を駆除したという結果が報告されています。90日間にわたるアメリカ合衆国のフィールドワークではノミの蔓延した室内環境におけるシンパリカの使用の有効性は30日、60日、90日でそれぞれ99.4%、99.8%、100%で、またノミアレルギーを持っている犬に投与すると、ノミが駆除されたことで紅斑、発疹、かさぶた、脱毛、皮膚炎、皮膚の化膿やかゆみが改善されたという結果が発表されています。

製品比較


シンパリカ

並べ替え


    最近のブログ記事

    すべて見る

    Food allergies in dogs: What they are and how to help

    by james on 11 Jan 2022
    Food allergies are among the most common allergies in dogs, but many pet parents don’t know how to help. Consulting your vet is Step One.  Food allergies in dogs: What they are and how to help Food allergies are among the most common allergies dogs face. When your pet’s body reacts to a foreign substance, it can cause inflammation, irritation, upset stomach and a host of other problems other pets don’t experience when exposed to the same substance. Fortunately for parents of allergic pets, there are ways to identify what is causing Fido’s reaction to food.  When your dog experiences an allergic reaction, his body is responding to a substance it has identified as foreign, leading to the release of antibodies to counteract the supposed threat. This can create a host of unpleasant symptoms for our pets including skin irritation, upset stomach, and even infections. Over time these symptoms wreak havoc on our pets, so it is important to identify and treat any food allergies your dog is facing. Surprisingly, only about one-fifth of food allergy cases lead to gastrointestinal problems in dogs, but other issues including skin redness, itching and irritation are common signs your pet is allergic to something he is eating. Other reactions common to food allergies include swelling of your pet’s face, rashes, hair loss, itchy or runny eyes, excessive drooling, excessive gas, vomiting, diarrhea, excessive licking, stomach pains, sneezing and, in more serious cases, anaphylactic shock. Chronic infections can also point to a food allergy, as can recurring issues with irritated bowels, anal glands, hot spots, and skin sores. With such a wide range of symptoms, suspected allergic reactions require a veterinarian’s professional opinion. Your vet can help diagnose the source of Fido’s problems and, if he or she suspects they are due to food allergies, can put him on an “elimination diet” for several months to see if his symptoms improve. If they do, you can set to work feeding Fido a new diet based on advice from your veterinarian. In some cases, vets recommend adding some food slowly back into your dog’s diet to see which are the culprits behind your pet’s immune response. This is a good way to broaden your dog’s diet as much as possible while managing his allergies, but foods must be added back one-at-a-time over the course of several months to allow time for any adverse reactions to reappear. This way, if you notice your dog’s symptoms returning, you can remove the offending allergen again. In more severe cases of food allergies, your veterinarian may recommend putting your pet on a prescription diet. Many dogs with one food allergy are allergic to multiple sources of nutrition, so this can help curb serious reactions. A prescription diet reduces allergens, but ensures your pet is still receiving the nutrients he needs to remain healthy. In severe food allergy cases, your vet may also recommend medications such as Cyclosporine, Apoquel or Cytopoint, which help decrease inflammation. Talk to your veterinarian to determine which program is right for your pet if you suspect he is suffering from food-related allergies.

    あなたの猫が体重を減らすのを助ける方法

    by james on 29 Dec 2021
    屋内の猫は長生きしますが、余分な体重を詰め込む傾向があります。キティが徐々に体重を減らすのに役立ついくつかのヒントがあります。あなたの猫が体重を減らすのを助ける方法あなたの猫を屋内に保つことは彼がより長い人生を送るのを助けることができます、しかし家猫は体重増加の問題につながることができるより座りがちなライフスタイルになりがちです。キティを健康的な体重に保つために、栄養豊富な食べ物、慎重に検討された部分、活動や遊びを刺激するインタラクティブなおもちゃをキティに提供することで、彼の食事とライフスタイルを再考する必要があるかもしれません。ペットの減量プログラムを開始する前に、健康的なダイエットをサポートし、厳しい食事制限を回避する計画を立てることについて獣医に相談してください。急激な体重減少は、脂肪肝疾患と呼ばれる深刻な病気を猫に引き起こす可能性があるため、これは猫を減量プログラムに入れるときにスキップする必要のある手順ではありません。あなたの獣医が計画を承認したら、あなたはあなたのペットの健康的な体重を達成するために働き始めることができます。 「健康」とは動物ごとに異なりますが、ペットの体を使ってコンパニオンのベースラインを確立することができます。猫の体調の客観的な尺度は、猫の肋骨とはっきりとしたウエストラインが見えるかどうか、ペットの骨の構造をどれだけ簡単に感じることができるかなど、観察可能な特徴に基づいています。健康的な体重では、猫の腰が肋骨の後ろに見えるはずです。彼の肋骨を感じますが、見えません。そして彼の胃の脂肪の小さなポーチを観察します。猫は1週間で体重の2%を超えて減らさないようにする必要があるため、過剰な体重を減らすことは段階的なプロセスである必要があります。獣医師は、キティが健康的な体重を達成するのに役立つカロリー目標と給餌スケジュールの計算を支援できますが、食事の種類の変更などの小さな変更を通じて、彼が体重を減らすのを手伝うことができます。たとえば、食物繊維が多く脂肪が少ない食事は、ペットが過剰なカロリーなしでより多くの量の食物を摂取できるようにすることで、ペットがより長く満腹感を感じるのに役立ちます。同様に、高タンパク、低炭水化物ダイエットは、ペットがより長く満腹感を感じるのを助け、体重減少に貢献することができます。水分含有量の多いウェットフードを選択すると、カロリーを消費せずにキティの部分の量を増やすことで減量に役立ちます。ペットの栄養豊富な餌を管理された量で与えることに加えて、よりアクティブなライフスタイルをサポートすることで、ペットが徐々に体重を減らすのを助けることができます。屋内での生活は猫の平均余命を延ばし、屋外のペットの餌食となる鳥などの野生生物を保護しますが、飼い猫は活動性が低く、余分な体重がかかる傾向があります。レーザーポインターや釣り竿などのおもちゃを使ってペットと遊ぶことで、ペットがより活発になるのを助けることができます。彼にパズルフィーダーを与えて、彼の体と心の両方に挑戦します。または、猫の木や窓辺のとまり木など、ジャンプや登山のためのより多くの垂直スペースを彼に提供します。健康的な食事と部分を組み合わせることで、これはあなたのペットが制御された方法で不健康な体重を減らすのを助けることができます。

    How to teach your dog to stop barking at strangers

    by james on 09 Dec 2021
    Some dogs have a habit of barking at strangers, but you can help Fido master social etiquette by understanding the reason behind his behavior. How to teach your dog to stop barking at strangers Whether it is excitement, fear or being territorial, some dogs have a habit of barking when strangers walk by. To put a halt to his habit of harassment, it is important to find the underlying cause behind Fido’s excessive barking and address what he is trying to say. Some dogs are simply excited to meet a new potential friend and are expressing joy when they bark at passersby. These social butterflies will exhibit other friendly behavior, such as a wagging their tails and showing a comfortable demeanor. Other pets, however, use their voices as warning signals to passersby to stay away from their owner or home. You can tell your companion is letting out territorial cries if he only vocalizes at others as they approach you or your house and shows other on-edge body language such as being highly alert with his ears pricked forward and tail raised high. Still other dogs bark at people passing by due to a lack of socialization and fear of the unknown. When dogs have been under-exposed to other people, they often appear timid and may even growl as unfamiliar humans approach in an attempt to save their space. After you have identified the basis behind Fido’s barking, you can begin to address the problem. Start by showing your pet that shouting at strangers will not lead to what he desires most, which in the case of friendly pets is attention. Practice this by asking a friend who your dog does not know well to pose as a stranger. Have this “stranger” walk by, ignoring your pet as he barks or lunges at him or her—safely on a leash, of course. Any time your dog remains quiet, have your friend reward him with a treat. After a few practice rounds, your pet should begin associating a calm demeanor with a tasty treat. Likewise, under-socialized pets will benefit from gradually meeting new people and learning that they are not a threat. Your friend can help with this by gradually interacting with your pet more and more and offering him treats. If your dog tends to be territorial, be sure to keep him on a leash and maintain a confident demeanor, showing yourself as his “pack leader.” Practice obedience training and reward calm behavior with treats and praise when he does not assert himself by barking at a stranger. Other techniques for teaching Fido to behave calmly around new people include distracting him from the situation. When your dog begins to bark at a new face, immediately get his attention by making noise. Once you have his attention, continue the diversion by asking him to sit and stay. Reward him with a treat and praise as soon as he successfully executes the command, and soon you will be ready to practice greeting a newcomer politely. Ask a stranger—or your friend posing as one—to approach your pet after you’ve given the “sit” command. If he remains calm in the sitting position, reward him with a treat. If, however, he stands up or begins to bark, give the command again and do not offer any praise until he is sitting calmly. This will take some practice, so be patient with your pet. If possible, explain the training process to someone and enlist their help as your dog’s social etiquette with strangers improves over time.