最低価格保証ーどこよりも低価格を実現!
全国送料無料で配送中!
 

愛犬にとって必要な遊び時間とは?

 by james on 06 May 2022 |
まだ口コミはありません
「遊び時間」は犬の心身によい影響を与えますが、どの程度がよいのでしょうか。ここでは、ペットとの遊びを優先するためのガイドラインをご紹介します。

愛犬にとって必要な遊び時間とは?

仕事が忙しかったり、家族との時間を大切にするあまり、愛犬との時間はついおろそかになりがちです。しかし、年齢や犬種によって必要な運動やアクティビティは異なりますので、愛犬の心身の健康のために優先してあげることが大切です。また、愛犬が穏やかで幸せであることは、飼い主のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)にもつながります。

犬にとって本当に必要な遊び時間を決めるには、さまざまな要素が絡んできますが、中でも年齢が最も重要な要素のひとつです。子犬は、基本的な運動能力や服従心など、成犬に成長するために重要な要素を身につけるために、十分な時間が必要です。子犬が完全に成長するまでは、生後1カ月ごとに少なくとも5分間の運動をさせ、1日2回行うのが良い方法です。例えば、生後4カ月なら、1日に20分程度の遊びや運動を2回行うようにします。

成犬になってからは、あまり気を使わなくてもよくなりますが、ハイキングや散歩、ドッグパークでのボール遊びなど、継続的に活動するためのスタミナは格段に向上します。個々の犬の遊びや運動のニーズを満たす必要がありますが、成犬であれば1日に30分から2時間程度の運動で十分です。ドッグパークへのお出かけ、アジリティトレーニング、散歩、裏庭でのボール投げなど、さまざまなアクティビティが考えられます。これらの活動は、愛犬を心身ともに刺激するだけでなく、飼い主との絆を深め、愛犬が過度に退屈したり興奮したりしないようにすることで、さまざまな問題行動の改善につながります。

シニア期に入ると、ペットはゆっくりとした生活を送るようになります。活動レベルは変わるかもしれませんが、家族と共に過ごす時間は必要です。1日30分以上、ペットの体力に合わせたやさしい遊びを積極的に続けてください。高齢のペットには、関節に負担をかけずに運動ができる水泳をおすすめします。

また、犬種によっても運動量は異なり、小型犬では中型犬や大型犬に比べ、運動量が少なくてすむ場合が多くあります。また、ニューファンドランドなどの大型犬もやや運動量が少なく、ブルドッグやパグなどの鼻の低い犬は、呼吸が荒くなりやすいため、あまり活動的でない生活を強いられる傾向があります。

ペットと一緒に遊ぶことは、ペットの生活の質を向上させるだけでなく、飼い主が体を動かすことにもつながります。個々の犬の様子を見ながら、その犬特有の運動ニーズを満たしてあげましょう。落ち着きがない、太っている、無茶な行動をとる場合は、遊びやトレーニングの時間を増やすことで、飼い主とペットの双方にメリットがある可能性があります。 

コメント0

コメントを残したい方

*あなたの名前を入力してください。
メールアドレスは公開されません
有効なメールアドレスを入力してください。
*あなたのコメントを入力してください。
Image Verification
'セキュリティコードを入力してください。