最低価格保証ーどこよりも低価格を実現!
全国送料無料で配送中!
 

犬の食物アレルギー: アレルギーとは。どう対処するのか。

 2022年1月11日 著者 ジェームズ |
まだ口コミはありません
食物アレルギーは犬のアレルギーの中でも最も一般的なものですが、多くの飼い主さんはどのように対処したらよいのかわからないのも事実です。最初のステップはかかりつけの獣医に相談することです。 

犬の食物アレルギー: アレルギーとは。どう対処するのか。


犬が直面するアレルギーの中で最も多いのが、食物アレルギーです。ペットの体が異物に反応すると、炎症、刺激、胃の不調など、他のペットが同じ物質にさらされたときには経験しないさまざまな問題を引き起こすことがあります。幸いなことに、アレルギー体質のペットを持つ飼い主にとって、どの食物に対して反応を引き起こすか、原因を特定する方法があります。 

愛犬がアレルギー反応を示すのは、体が異物と認識した物質に反応し、その異物に対抗するために抗体を出すために起こります。これによって、皮膚の炎症、お腹の不調、感染症など、ペットにとって不快な症状を引き起こします。時間が経過するにつれて、これらの症状はペットに混乱を招きます。あなたの愛犬が直面している食物アレルギーを特定し、治療することはとても重要になります。

意外にも、食物アレルギーのうち胃腸障害につながるのは5分の1程度で、皮膚の赤み、かゆみ、炎症などは、ペットが食べているものにアレルギーがあることを示す一般的なサインです。その他、食物アレルギーによく見られる反応として、顔の腫れ、発疹、脱毛、目のかゆみや涙目、過剰なよだれ、過剰なおなら、嘔吐、下痢、過剰に舐め回したり、腹痛、くしゃみ、さらに深刻なケースではアナフィラキシーショックなどが引き起こされる場合もあります。また、慢性的な感染症や、腸や肛門腺の炎症、ホットスポット、皮膚のただれなどが繰り返し起こる場合は、食物アレルギーの可能性があります。



このように症状が多岐にわたるため、アレルギー反応が疑われる場合は、獣医師の専門的な見解が必要となります。獣医師は、ペットの問題の原因を診断し、食物アレルギーが疑われる場合は、数ヵ月間限られた食事制限により症状が改善されるかどうかを確認することができます。症状が改善されれば、獣医師のアドバイスに基づいて新しい食事を与えることができます。獣医師は場合によって、愛犬の免疫反応の原因を突き止めるために、特定の食物を少しずつ食事に戻すことを促すこともあります。この方法は、愛犬のアレルギーを管理しながら食事の幅をできるだけ広げる良い手段ですが、副作用が再び現れるまでの時間を考慮して、数ヵ月かけて違う種類の食べ物1つずつを戻していくことが必要となります。このようにして、愛犬の症状の再発に気づいたら、原因となるアレルゲンを取り除くことが可能になります。



食物アレルギーの重症例では、獣医師が処方食を与えることを勧める場合があります。1つの食物アレルギーを持つ犬の多くは、複数の栄養源にアレルギーを持っている事が多く、深刻な反応を抑制することができます。処方食はアレルゲンを減らし、ペットが健康を維持するために必要な栄養素を摂取できるようにします。重度の食物アレルギーの場合、シクロスポリン、アポクエル、サイトポイントなど、炎症を抑えるための薬剤を獣医が推奨することもあります。食物アレルギーの疑いがある場合、どのプログラムがあなたのペットに適しているか、獣医師に相談してください。

コメント0

コメントを残したい方

*あなたの名前を入力してください。
メールアドレスは公開されません
有効なメールアドレスを入力してください。
*あなたのコメントを入力してください。
Image Verification
'セキュリティコードを入力してください。