最低価格保証ーどこよりも低価格を実現!
全国送料無料で配送中!
 

知らない人に吠える犬のしつけ方

 2021年12月9日 著者ジェームズ|
まだ口コミはありません
見知らぬ人に吠える癖のある犬がいますが、その行動の理由を理解することで、適切なマナーを身につけさせることができます。



知らない人に吠える犬のしつけ方


興奮からか、恐怖からか、それとも縄張り意識があるのか、見知らぬ人が通ると吠える癖のある犬がいます。吠え癖を直すには、吠えすぎの根本的な原因を探り、何を訴えようとしているのかに対処することが重要になります。

新しい「友達」に出会えたことに興奮して、通りすがりの人に吠えることで喜びを表現する犬もいます。このような社交的な犬に関しては、尻尾を振って心地よさそうな態度を示すなど、他のフレンドリーな行動も見せます。しかし、自分の飼い主や家に近づかないよう、通行人に警告を発するために声を使う犬もいます。飼い主や家に近づいたときだけ声をあげ、耳を前に出し、尻尾を高く上げて警戒するなどのボディランゲージを見せれば、縄張り意識を持っていると判断できます。また、社会化不足と未知なるものへの恐怖から、通りすがりの人に吠える犬もいます。人と接する機会が少なかった犬は、臆病に見えることが多く、慣れない人が近づくと自分の居場所を確保しようとうなることもあります。

吠える原因を突き止めた上で、その問題に対処することができます。犬が、見知らぬ人に吠えている最中、優しくなだめるようになでたりしないようにしましょう。見知らぬ人に吠える=優しくなでてもらえると勘違いを生み出してしまいます。愛犬がよく知らない友人に、見知らぬ人のふりをしてもらい、練習してみましょう。この「知らない人」に、ペットが吠えたり突っかかったりしても無視してもらって、通り過ぎます。愛犬が静かにしていたら、友人にご褒美のおやつをあげてもらいます。何度か練習しているうちに、ペットは自分の落ち着いた態度とおやつを結びつけて考えるようになるはずです。同様に、社会化されていないペットは、徐々に見知らぬ人達に出会い、見知らぬ人が脅威でないことを学ぶようになります。知り合いに、ペットと接することをお願いし、その機会を増やし、そのたびにおやつを与えることで徐々に慣れさせていくことが可能になります。 縄張り意識が強い犬の場合は、リードでつなぎ、自分(飼い主)が群れのリーダーであることをしっかりとさせましょう。服従訓練を行い、見知らぬ人に吠えるなど攻撃的行動がない場合は、おやつを与え、落ち着いた行動を褒めるようにしましょう。


初対面の人に落ち着いて接することができるようにするためのその他のテクニックとして、犬の注意をそらすことが挙げられます。愛犬が初対面の人に吠え始めたら、すぐに音を立てて注意を引きます。注意を引きつけたら、「お座り」や「待て」をさせて気をそらすことを続けます。「お座り」や「待て」が成功したら、ご褒美におやつをあげて褒めてあげましょう。間もなく愛犬が、初対面の人に礼儀正しく挨拶する練習ができるようになります。「お座り」をさせた後、見知らぬ人(あるいは見知らぬ人を装った友人)にペットに近づいてもらいます。 「お座り」の姿勢で落ち着いていたら、ご褒美におやつをあげます。しかし、立ち上がったり吠えたりした場合は、もう一度号令をかけ、落ち着いて座るまで褒めないようにします。練習が必要なので、根気よく付き合ってあげましょう。できれば、誰かにトレーニング方法を説明し、協力してもらうと、徐々に他人に対するマナーが向上していきます。

コメント0

コメントを残したい方

*あなたの名前を入力してください。
メールアドレスは公開されません
有効なメールアドレスを入力してください。
*あなたのコメントを入力してください。
Image Verification
'セキュリティコードを入力してください。