最低価格保証ーどこよりも低価格を実現!
全国送料無料で配送中!
 

猫カフェは猫にとっていいのか?

 2021年11月3日 著者ジェームズ|
まだ口コミはありません
動物好きの間では猫カフェが大人気だが、入居している猫をきちんと扱うという点に関して、ビジネスモデルが微妙なところもある。

猫カフェは猫にとっていいのか?


1998年に台湾で誕生した「猫カフェ」は、世界中の猫好きの間で人気を博しています。猫との触れ合いをもとめてやってくるお客さんがいる中で、動物愛護家の中には、このビジネス自体が四足動物にとって本当に人道的なのかどうか、疑問を持つ人も少なくありません。

猫カフェとは、カフェと、かわいい猫との触れ合いを一度に体験できる場所のことを言います。多くの猫カフェのビジネスモデルの背景には、猫を保健所などから保護し、カフェを一時的な避難場所とさせ、飼い主候補と触れ合うことで、里親探しを支援するという根本的な目標があのも事実です。しかし、反対派は、ビジネスと慈善事業が相反する目標を生み出し、場合によっては猫達やお客にとって不健全な環境をもたらすと主張している人もいます。

すべての猫が猫カフェに向いているわけではありません。社会化されていること、ワクチン接種が済んでいることが必要となります。また、カフェという環境は、猫が集団で生活するため、病気が蔓延しやすく、定期的な健康診断が重要です。また、カフェを利用するお客さまが衛生的であるためには、カフェ自体の管理も重要です。多くの猫カフェは華やかに営業していますが、数十匹の猫のために餌や水、トイレの掃除をし、清潔な空間を維持することは、猫カフェのスタッフにとって本当に大変なことなのです。

例えば、子猫の生活スペースとカフェ材料を別々のエリアで区切る、その間に大きなガラス窓を設けるなどして、保健所の規制をかいくぐっているのです。これは、動物たちと飲食類を分けるためで、通常、入り口は2つに分かれています。また、よく出来ている猫カフェの運営には、猫のためのスペースも必要となります。保護された動物の社会化には良いコンセプトですが、猫は本来1人の時間を必要とし、安心するために小さな集団に依存する傾向があります。どんなにフレンドリーな猫でも、見知らぬ人にはストレスを感じるものです。ですから、猫カフェを成功させるオーナーは、猫たちのニーズ、猫達の社会化、愛情あふれる家庭を見つけるというバランスをとる方法を見つけなければなりません。



猫カフェのビジネスモデルの核となるのは、猫たちの健康を維持するために、「見知らぬ人達」から必要な時に隠れられるスペースが用意されていることです。また、猫との接し方について、抱き上げたり、追いかけたり、乱暴に扱ったりしないなどの明確なルールが掲示されていることも、責任ある店の証となります。また、純血種を売りにした猫カフェは、保護猫の里親探しを手伝うという意味合いが薄れてしまうので、避けた方が無難です。また、健康的な老猫がいる場合、里親が見つかる場合も多く、人道的なビジネスの証ともなります。

どんなビジネスでもそうですが、猫カフェも経営がうまくいく場合とうまくいかない場合があります。しかし、この場合、ビジネスの成功とともに、動物たちの幸せがかかっているのです。猫カフェを選ぶ際には、健康で正しいお世話をされた猫たちがいることを確認してください。 

コメント0

コメントを残したい方

*あなたの名前を入力してください。
メールアドレスは公開されません
有効なメールアドレスを入力してください。
*あなたのコメントを入力してください。
Image Verification
'セキュリティコードを入力してください。