最低価格保証ーどこよりも低価格を実現!
全国送料無料で配送中!
 

縄張り意識の強い犬を訓練するためのヒント

 2021年11月3日 著者ジェームズ|
まだ口コミはありません
犬にとって縄張りを守ることはいたって自然ですが、中には過剰に縄張り意識を持ち出してしまうケースもあり、危険になることもあります。ここでは、そういったペットの対応策を紹介します。

縄張り意識の強い犬を訓練するためのヒント


野生では、犬は群れが十分な食料を確保できるように資源を守らなければなりませんが、家庭でペットがこれと同じ行動をとると、一般社会的に受け入れがたいものとなり、危険を招き、さまざまな結果になる可能性があります。この種の資源保護は、通常、家や飼い主を守る犬に関連していますが、ペットが他の人や動物から食べ物、おもちゃ、ベッドを守るときにも起こり得ます。

犬が攻撃的な行動をとろうとする兆候としては、吠え続ける、低い声で威嚇する、柵や敷地の境界線に沿って走る、尾を高く上げる、うなる、歯をむき出す、侵入者に突進するなどがあります。さらに極端な場合には、自分のテリトリーに近づいた人に噛み付こうとすることもあります。このような問題行動に対処するためには、なぜあなたのペットがそこまで強い縄張り意識を持って行動しているのかを理解することが重要となります。しっかりと社会化された犬でも、見知らぬ人が通りかかると吠えることがありますが、ペットの興奮や不安の高まりが、状況によってはその攻撃性を強めることになります。縄張り意識は早期に発見することが大切です。縄張り意識が芽生えたら、すぐにトレーニングを始めましょう。

まず、縄張りを作るきっかけを減らしてあげることから始めましょう。例えば、見知らぬ人が家の前を通ることに興奮するようであれば、犬が恐怖心を克服できるように、犬がよく知らない友人に協力してもらいます。愛犬がリードでつながれているなど安全な状況の時に、その友人に通りを挟んだ家の前の道を歩いてもらいます。犬がその状況に慣れてきたら、徐々に、友人に家の近くを歩いてもらうようにします。ペットが反応を見せるようなら、友人に前の距離まで戻ってもらい、そこからまた練習をした上で近づいもらうようにしましょう。そのうち、「見知らぬ人」は、あなたのペットから強い拒絶反応を受けることなく、あなたの敷地の端を歩くことができるようになるはずです。

縄張り意識の強い犬をしつける方法として、服従訓練(オビディエンス)もあります。ペットに芸をさせることは、縄張り意識による行動が出た時に、気をそらすだけでなく、ペットの注意をあなたに戻すことが出るようになります。まずは家で、静かな状況下で「待て」の練習をし、それができるようになったら、誰か違う人がいる時に「待て」をさせてみます。落ち着いて指示に従うことができたら、ご褒美におやつをたくさんあげて、褒めてあげましょう。最終的には、支持を出した後、見知らぬ人が近づいても反応を示さなくなるはずです。ペットにあまり馴染みがない友人に、ペットに近づいてみて、吠えたり興奮しなかったらおやつを挙げてあげるよう頼んでみましょう。

縄張り意識が極端に強くなり、専門の動物行動学者が必要なケースもあります。愛犬は強い不安を抱えていることが多いので、愛犬が警戒行動を克服できるようにするのは、愛犬の自信にもつながります。クオリティオブライフを高め、飼い主と愛犬の絆を深めることにもなります。

コメント0

コメントを残したい方

*あなたの名前を入力してください。
メールアドレスは公開されません
有効なメールアドレスを入力してください。
*あなたのコメントを入力してください。
Image Verification
'セキュリティコードを入力してください。