最低価格保証ーどこよりも低価格を実現!
全国送料無料で配送中!
 
 
ブランド
14005 件のお客様の声 4.97
 
 

犬・猫用キャプスターとは?

キャプスターは、犬にも猫にも投与できる即効性のあるノミ治療薬錠剤です。投与後、30分以内に効き始め、1回の投与でペットのすべてのノミの成虫を駆除します。

月1回投与のノミ取り薬とは異なり、ペットにノミが寄生した場合、繰り返し投与することが可能です。妊娠中や授乳中の犬や猫にも安心して投与することができます。必要ならな、毎日1度投与しても安全性が認められています。

ノミへの感染 (Ctenocephalides felis)は厄介なだけでなく、犬のノミアレルギー性皮膚炎や猫のアレルギー性粟粒性皮膚炎などの皮膚疾患を引き起こす可能性があります。また、ノミはサナダムシなど他の寄生虫を媒介することもあります。

キャプスターのメリット

  • 授乳中の犬や猫にも安心して使える
  • 即効性ー30分で効き目が見える
  • 4時間以内にノミの90%を駆除
  • 犬と猫どちらも飼っている人に最適

キャプスターは私のペットに適しているか?

キャップスター錠は、体重2ポンド(0.9kg)以上の生後4週間以上の犬、子犬、猫、子猫への使用に適しています。キャプスターは、妊娠中または授乳中の犬や猫に使用しても安全です。

投与スケジュール

キャプスター錠は、犬と猫の両方に適しており、ペットの体重に応じた量を服用することができます。ペットの体重に合った製品をお選びください。

体重 Nitenpyram per tablet (mg) 投与量
0.9〜11.3kg(2〜25ポンド)の犬または猫 11.4 1
11.4~56.7kg(25.1~25ポンド)犬 57 1

キャプスター錠は、ペットの口に直接入れることもできますし、フードの中に隠しておくこともできます。ペットの口に入れる場合は、吐き出していないことを確認してください。食べ物の中に隠す場合は、錠剤が飲み込まれたことを確認してください。1回目の投与が飲み込まれたかどうかがわからない場合、2回目の錠剤を投与しても安全です。

この治療薬は、犬または猫につく成虫のノミ駆除を目的としており、再感染を防ぐものではありません。もし、ペットがノミに寄生された場合は、1日1回、別のキャプスターを投与することになっても安心して使用できます。

キャプスターの副作用は?

同じキャプスターを服用した犬や猫でも、異なる反応が見られることがあります。

犬で最も多く報告されている副作用は、無気力および嘔吐です。その他、かゆみ、食欲減退、下痢などの副作用が報告されています。

猫に対する副作用として最も多く報告されているのは、活動過多と荒い息遣いです。その他の副作用として、無気力、痒み、発声、嘔吐などが報告されています。

注意点は何でしょうか?

  • 子供や動物の手の届かない場所に保管してください。
  • 人間用ではありません。
  • 生後4週間未満の犬や猫には使用しないでください。
  • 体重2ポンド(0.9kg)未満の犬または猫には使用しないでください。

キャプスター(ニテンピラム)の効果は?

キャプスター錠は、30分以内に効き始めます。研究では、キャプスターは犬の成虫に対して4時間以内、猫の成虫に対しては6時間以内に90%以上の効果を達成する結果が出ています。

製品比較


キャプスターノミ駆除治療薬

表示する商品がありません