最低価格保証ーどこよりも低価格を実現!
全国送料無料で配送中!
 
ブランド
 

クレデリオとは

クレデリオ(ロチララネル)は1ヶ月ごとに投与するビーフフレーバーのチュアブルタブレットです。ノミの成虫を駆除し、 ノミ寄生の治療 (ネコノミ)や以下のようなマダニの駆除および抑制に使用可能です。

  • ローンスターティック
  • アメリカイヌカクマダニ (デルマセンター‐バリアビリス)
  • シカダニ
  • クリイロコイタマダニ

クレデリオはエランコ社製で、サイズごとに4種類の薬が展開されています (1.3kg - 2.5kg、2.5kg - 5.5kg、5.5kg - 11kg、11kg - 22kg)。

使用対象

犬・子犬用 (生後8週間以上)です。

経口投与が苦手なペット向け

ビーフフレーバー付きのため、ワンちゃんも喜んで食べてくれます。

投与スケジュール

体重 ロチララネルの含有量 (mg) チュアブル錠の投与数
1.3kg〜2.5kg 56.25 1
2.5kg〜5kg 112.5 1
5.5kg〜11kg 225 1
11kg〜22kg 450 1
22kg〜45kg 900 1
60kg以上 適切な数を組み合わせて投与

クレデリオは食事と合わせて、あるいは食事後30分以内に与える必要があります。

副作用

体重減少、BUNの上昇、多尿、下痢などの副作用が出ることがあります。

使用上の注意

  • 子供や動物の手に届かないところに保管してください。
  • 人間用ではありません。
  • には使用しないでください。
  • 繁殖期、妊娠中、授乳中の犬への使用の安全性は確認されていません。
  • 過去に発作を経験したことがある犬に使用する際は十分お気をつけください。

リベートについて

こちらの製品は第三者の業者から仕入れを行なっているため、リベートについては対応できかねます。

クレデリオ (ロチラネル) の有効性

ヨーロッパの研究所での研究において、クレデリオは投与後4時間でノミを駆除し始め、8時間以内に99%以上を駆除し、35日間にわたってその状態を維持したという結果が出ています。アメリカ合衆国の研究では、投与後12時間後には35日間にわたってノミの成虫に対し100%効果が見られたという報告もあります。

アメリカ合衆国において、さまざまに異なる程度のノミの蔓延が見られる家庭を対象として行われた90日間にわたるフィールド調査では、クレデリオのノミに対する効果は30日間、60日間、90日間でそれぞれ基準線と比較して99.5%、100%、100%でした。ノミアレルギー性皮膚炎の兆候が見られる犬については、ノミを駆除したことによる直接的な結果として、紅斑、丘疹、脱毛症、皮膚炎/膿皮症、かゆみなどの症状に改善が見られました。

クレデリオは複数の研究で、マダニのローンスターティック、アメリカイヌカクマダニ、シカダニ、クリイロコイタマダニに対し、投与後48時間後から30日にわたって97%以上の効果があることが確認されています。ヨーロッパの研究では、投与後4時間以内に イクソデス‐リシヌスに対し駆除効果が出始めました。

嗜好性:アメリカ合衆国におけるフィールド調査では、198匹の犬に合わせて567回のクレデリオの投与を行なった結果、手から直接、あるいは空のボウルに入れて与えられた際には80.4%が自発的に口に運び、食べ物と混ぜて与えた場合にはさらに13.6%増え、犬の口に入れる必要があったのは犬全体のわずか6.0%だったということです。

製品比較


Credelio for Dogs

表示する商品がありません

最近のブログ記事

すべて見る

How to replace dogs’ problem behaviors using differential reinforcement

2021年10月6日にジェームズによって
Many dog owners struggle with their pets’ bad habits, but do not want to punish them. Differential reinforcement offers another option. How to replace dogs’ problem behaviors using differential reinforcement Many dog owners struggle with their companions’ problem behaviors, but do not like the idea of punishing their pets. Fortunately for pet parents, differential reinforcement swaps bad behaviors for better ones without the need to scold your four-legged friend. Differential reinforcement is a complex name for a relatively simple concept: By replacing problem behaviors with more desirable actions, you can reduce bad behaviors in pets. This is done through positive reinforcement of incompatible behaviors, or actions that cannot take place at the same time as  the undesired habit. By rewarding the more desirable action, you make it easy for your pet to choose the preferable behavior, reducing bad habits without ever needing to punish your pet. To start differential reinforcement of other behavior, it is crucial to pick a replacement behavior that cannot take place at the same time as the unwanted habit. For example, if your dog is prone to jumping on guests as they enter your home, you may choose the “sit” command as your alternative. Start your pet’s practice in a quiet spot with very few distractions and no other people. As he begins to master the alternative commend in this setting, slowly add distractions to his training. You can do this by practicing in your backyard, during walks, and even in a dog park. Eventually, when you feel confident Fido has mastered the command, you can practice in the scenario that triggers his problem behavior. Begin this phase of training with your dog on a leash to help maintain control over the environment, as allowing him to continue a problem behavior only reinforces the habit. Likewise, even negative attention such as scolding can be a reward to some pets, so avoid reinforcing any unwanted actions as much as possible. In the example above, this means asking guests to turn away and not acknowledge your pet if he begins to jump on them. Instead, ask your dog to sit and as soon as he performs the command, reward him with treats, praise and attention. This will be especially effective if you use high-value treats such as meat or cheese during the early stages of training. As with any training, practice makes perfect. It is common to experience setbacks as you introduce the alternative behavior in trigger situations, so be patient with your pet. It may take more than a few attempts to achieve the desired outcome, so do not push your pet too hard during any given training session, as you and your dog will both lose focus and become frustrated. Over time, your companion should learn to seek the reward rather than repeat bad habits, replacing problem behaviors with more desirable actions.

あなたの猫が体重を減らすのを助ける方法

2021年10月6日にジェームズによって
屋内の猫は長生きしますが、余分な体重を詰め込む傾向があります。キティが徐々に体重を減らすのに役立ついくつかのヒントがあります。あなたの猫が体重を減らすのを助ける方法あなたの猫を屋内に保つことは彼がより長い人生を送るのを助けることができます、しかし家猫は体重増加の問題につながることができるより座りがちなライフスタイルになりがちです。キティを健康的な体重に保つために、栄養豊富な食べ物、慎重に検討された部分、活動や遊びを刺激するインタラクティブなおもちゃをキティに提供することで、彼の食事とライフスタイルを再考する必要があるかもしれません。ペットの減量プログラムを開始する前に、健康的なダイエットをサポートし、厳しい食事制限を回避する計画を立てることについて獣医に相談してください。急激な体重減少は、脂肪肝疾患と呼ばれる深刻な病気を猫に引き起こす可能性があるため、これは猫を減量プログラムに入れるときにスキップする必要のある手順ではありません。あなたの獣医が計画を承認したら、あなたはあなたのペットの健康的な体重を達成するために働き始めることができます。 「健康」とは動物ごとに異なりますが、ペットの体を使ってコンパニオンのベースラインを確立することができます。猫の体調の客観的な尺度は、猫の肋骨とはっきりとしたウエストラインが見えるかどうか、ペットの骨の構造をどれだけ簡単に感じることができるかなど、観察可能な特徴に基づいています。健康的な体重では、猫の腰が肋骨の後ろに見えるはずです。彼の肋骨を感じますが、見えません。そして彼の胃の脂肪の小さなポーチを観察します。猫は1週間で体重の2%を超えて減らさないようにする必要があるため、過剰な体重を減らすことは段階的なプロセスである必要があります。獣医師は、キティが健康的な体重を達成するのに役立つカロリー目標と給餌スケジュールの計算を支援できますが、食事の種類の変更などの小さな変更を通じて、彼が体重を減らすのを手伝うことができます。たとえば、食物繊維が多く脂肪が少ない食事は、ペットが過剰なカロリーなしでより多くの量の食物を摂取できるようにすることで、ペットがより長く満腹感を感じるのに役立ちます。同様に、高タンパク、低炭水化物ダイエットは、ペットがより長く満腹感を感じるのを助け、体重減少に貢献することができます。水分含有量の多いウェットフードを選択すると、カロリーを消費せずにキティの部分の量を増やすことで減量に役立ちます。ペットの栄養豊富な餌を管理された量で与えることに加えて、よりアクティブなライフスタイルをサポートすることで、ペットが徐々に体重を減らすのを助けることができます。屋内での生活は猫の平均余命を延ばし、屋外のペットの餌食となる鳥などの野生生物を保護しますが、飼い猫は活動性が低く、余分な体重がかかる傾向があります。レーザーポインターや釣り竿などのおもちゃを使ってペットと遊ぶことで、ペットがより活発になるのを助けることができます。彼にパズルフィーダーを与えて、彼の体と心の両方に挑戦します。または、猫の木や窓辺のとまり木など、ジャンプや登山のためのより多くの垂直スペースを彼に提供します。健康的な食事と部分を組み合わせることで、これはあなたのペットが制御された方法で不健康な体重を減らすのを助けることができます。

難聴の高齢犬を助けるためのヒント

2021年9月24日にジェームズによって
犬は年齢によってニーズが異なり、多くの場合、高齢になると聴力を失うため、これには新しい考慮事項が含まれます。難聴のある年配の犬を助けるための秘訣私たちは皆、ペットが年配の年までうまく生きることを望んでいますが、特別な配慮を必要とする犬の年配の年齢で状態が発生する可能性があります。ほとんどの犬は、加齢とともに少なくともある程度の難聴を経験しますが、あなたはあなたの仲間が彼の日常生活にいくつかの簡単な変更を加えることで適応するのを助けることができます。犬の難聴の最も一般的な原因は年齢です。加齢に伴う難聴は手術なしでは治癒できませんが、難聴の他の原因には、感染症や外耳道に詰まった異物などがあり、治療することができます。ペットが聴覚に苦しんでいることに気づき始めたら、獣医に連れて行って、このような治療可能な状態を除外してください。多くの飼い主は、ペットが難聴のより進行した段階まで聞く能力を失っていることに気づいていません。そのため、年を取り始めると、同伴者が聞こえなくなる兆候に注意してください。フィドの難聴の背後にある一時的な原因を排除した後、あなたは彼が限られた聴覚能力のある生活に順応するのを助けるための措置を取り始めることができます。幼い頃から手の信号を使用してペットを訓練しなかった場合は、非言語的手がかりを使用してコマンドを伝達し始めます。この種の視覚トレーニングは幼い頃から始めるのが最善です。そうすれば、難聴が発生する前にペットはすでにこれらのコマンドに精通していますが、年配のペットは新しい手がかりを学ぶ能力が非常に高いことがよくあります。犬があなたの電話を聞くことができなくなったときに犬の注意を引くには、手をたたく、床に足を踏みつける、または犬にあなたの存在を警告するその他の振動を生み出す行動などのアクションを使用します。また、懐中電灯を使用したり、おいしい香りのするお菓子の袋を開けたり、その他の非聴覚的な方法でFidoの注意を引くことで創造性を発揮することもできます。ペットに新しい信号に反応するように教えるときは、賞賛、パット、あらゆるプレイタイムの扱いという形で、積極的な強化をたくさん使用してください。あなたのペットが彼の変化する状態を意識するために減少した聴力に順応するのを助けるもう一つの方法。彼の視野内でのみ彼に近づくか、彼を驚かせないように穏やかなタッチを使用してください。おいしいお菓子の袋の匂いを使って、昼寝から彼を怒らせることもできます。また、犬が環境騒音を聞くことができないときに犬を安全に保つために、追加の予防措置を講じる必要があります。ペットが屋外にいるときは、庭に柵を張るか、ひもにつないでおくと、対向車やその他の危険を回避できます。また、鼻づまりのゲームを教えたり、庭や散歩中に立ち止まって嗅ぐ時間を与えるなど、嗅覚に関連する活動を増やすことで、ペットの生活を豊かにすることもできます。犬は難聴に適応する素晴らしい能力を持っています。ある感覚が弱まると、他の感覚はそれを補うために強くなる傾向があるので、あなたのペットと関わり続けるために彼にたくさんの匂い中心の活動を提供します。ペットが加齢性難聴に適応したとしても、毎日数回調整するだけで、ペットの生活の質を向上させることができます。
Sign up to our newsletter to know more about our specials!
 
Marketing by